がんばれ宮城。
タカシマヤは、生産者のみなさまを応援します。
宮城の味特集   期間 4月20→25日  場所 11催会場

レジ・サッカー

レジ・サッカー

伊達の牛タン

伊達の牛タン

客単価

客単価

西新宿の仕事を早く切り上げて、何とかタカシマヤに駆けつけた。
地下にも東北・近畿など少々の故郷物を並べているが・・
上司らしい方に質問『宮城県の応援セールはどちらでしょうか?』
“11階でございます。あちらのエレベ-タ-をお使いください” 丁寧なご案内
いつもの催事場の一角にそれらしい人が・・・武士らしいキャラクタ-が(ひこにゃん的)
伊達政宗には程遠い・・

共感の接点がずれています!
『宮城は大変ね、頑張ってね』”うちは名取ですから被害は別に・・・・”
『塩釜とか、被害が甚大でしょ』”私宮城じゃないですから・・・・・”
『会津葵は仙台ですか?』”会津ですから、仙台でも売ります・・・ついでに買っていくんですよ”

大丸東京店よりは盛ん   でも、がんばろう日本! ガンバレ宮城! の掛け声の割には
買い方控えめ、売り方渋め!
宮城の味特集の価格
萩の月(5個いり)735円
伊達の牛タン塩仕込み(150g)1,631円
長茄子漬(200g)368円

レジ3機、接客対応8名
“お待たせしました、こちらへ!” 二人一組でお客を誘導(一応、言うことは言う)
高島屋の華やかさが不足しています。店員さんが地味、挨拶の声や笑顔が重なりません。
企業の売店、役所の購買部みたい、物はあるけど、チョイスの楽しみ無し?
応援プライスで! ?
北関東産などの新鮮野菜を!