高級レストランの味覚を味わうには大丸のパン売り場へ直行!
エスカレーターを降りて来るお客を正面にお迎えしてパンを切る。
一切れがそのまま試食!

サクサク!パリパリ、心地よいパンを切る音が響き、ゴーダーチーズの匂いが漂う。
気泡がぽっかりあいて、手が伸びる、
17時過ぎのお客は男女とも30代の若い層。
スーツを着ている人が続々手を伸ばし、一切れを口に、
ゴーダーチーズパンの気泡がはっきりが美味証明・・
お客が試食する時、職人は視線を外している。
次の商品を抱えて店内を移動
“お待たせしました、今焼き上がりまして・・”
常連さんらしき方々は声の方向へ移動する。ほかほかパンがあるから~

職人さんの目線は、アイコンタクトと外しの妙!

壁面にはパンつくりを学びませんか?
必要な材料は即揃います~お誘いの文章が貼付

ゴーダチーズ

ゴーダチーズ