五勝手屋羊羹

五勝手屋羊羹

大豆飴

大豆飴

御当地  お国自慢大会
1月5日~11日
大丸東京店 11階ラウンジト-キョ-
新しい食、旅、そして技 特集

東京駅北口から大丸へ
一歩は入ったところで声が掛かる”どうぞ、11階へ、ご当地スィーツが厳選の品々が~”
『何があるのですか?』
“はい、これらが~くろころみかん、これが人気です、ご存知ですか?”
『これがスィーツですか? 行列ですか? 』
“さあ、私もまだ行ってませんが・・・どうぞ是非・・”魅力的なちらしを手渡しされて~
11階へエレベーターで直行!
あらら、催事場とは違う空気、何か事務所みたい・・
『すみません、地方のスィーツはこちらでしょうか?』
“はい、こちらでございます・・”
お客らしい人影は見当たらない・・・

“どうぞ、これは姫路のお豆です”
『姫路は大和屋敷だったわね・・』思わずつぶやく  店員さんらしい男性は無言
“召し上がって下さい”
『良いのですか?』思わず許可を
“良いですよ”優しい口調(楊枝の捨て場が無い)
優しく、硬い雰囲気は、全国の商工会議所が、事業者と協力・連携して・・・この文言にあった様です・・

発見!! 古くて新しい! ご当地のスィーツ
江差町・五勝手屋丸羊羹(1本)263円
レトロな色彩、紅い丸筒 羊羹を切るのは筒に付いている糸。きれいに切れる。
この作業が楽しい。
羊羹にしては珍しく、金時豆を使用。食感は滑らか、色は透き通っている美味!

能登七尾名物  大豆飴(太閤秀吉に前田家より献上の歴史あり)
ドライフルーツ シナモン味
さいころ形の箱に(第25回 全国菓子博覧会・農林水産大臣賞受賞)
近所のお豆屋さんの女将さんへお土産