デパートやショッピングセンターなど、売り手、買い手がはっきりしている
売り場を想像してみてください。

セールス嫌いの人はいる

[ああ、うるさいわ、店員が付きまとうのよ]さも汚いものを触ったかの手つきをする。
[また試食?]
ほしそうな顔してたのでしょ
[いやよ、変なこと言わないで、汚いじゃない]
買わなくて良いんだから、怒ることないじゃない
[他のものはともかく、食べ物を知らない人から貰うものじゃないわ]
ふ~ん、潔癖ね、私はアルバイトしてたから、平気、面白いよ。

試食の押し付け販売!

小さな紙コップで試食したら絶対に買わないとならない。
本当にそう信じている? むしろ、販売員がびっくりするほど
食べっぷり、飲みっぷりが良い人がいる。
気前よく切って、小さいと味が分からない、
飲ませてよ、今度買うから、
試食のコースを心得ているお客も珍しくない。
食前酒には高級食酢を、次はオードブルに、生ハムに生野菜巻き。
ドレッシングの選択も抜け目なく。
試食は押し売りと決めつけている人より、立ち止まる方がありがたい。

買わない時は、それなりに、適当に、会釈でも、

ごめん、今日は買わないけど、
ごちそうさん、美味しかった、ごめんね。
いつ食べても、うまいね、試食のテレビ見たよ。
本当は買わないといけないのでしょ、すみません。
次はいつごろ来るの? 楽しみだから。
この茄子はうまいね、岸和田産やろ、実家を思い出すな、

試食は共感の場
小さな一切れがきっかけで、話が広がることもある。
熊本に転勤していたことがある。
いつの間にかふるさと大使になった気分でひいき心が
芽生えてくる。辛し蓮根は懐かしいな、馬刺しもうまいね。
ありがとうございます。名物をご存知の方がいると嬉しいです。
最近はいきなりだごが人気です。行列ですから。
へえ、昇格したものだね、