日本や韓国が参加する中西部太平洋まぐろ類委員会の小委員会が、
日本近海をを含む北太平洋海域のクロマグロに関し、30kグラム未満の
未成魚の漁獲量を平成27年から半減することで大筋合意する見通しとなった。
関係者が3日明らかにした。
議長団の日本が資源管理に向けて提案した規制強化策を各国が受け入れる
方針を固めており、4日の最終日に合意する。規制強化で刺身などの価格が
一時的に上がる可能性もあるが、早期の回復に向けた資源管理が一歩前進する。