新宿で普及セミナー
高級牛肉ブランド『神戸ビーフ』を首都圏に広めようと、兵庫県内の関連業者などで
作る『神戸肉流通推進協議会』は3日、新宿区の京王プラザホテルで販売店や
レストランなどの関係者らを対象としたセミナーを開催した。
神戸ビーフは、血糖や品質の条件を満たす但馬牛だけを同協議会が認定。
セミナーは神戸ビーフがなぜおいしいのか、などを訴えることを目的に、一昨年から
始まった。この日は約80人が参加。
基調公演で、他県の牛を交えず、改良してきた但馬牛の歴史などを紹介。
今後は味に関する育種改良を進めたいと述べた。