松坂屋

千鳥が淵、上野公園、お花見のぼんぼり無し、
簡易トイレ無し、席取り無し、
とは言うものの、4月9,10,11、デパ地下は賑わっている。
お弁当コ-ナ-だけでなく、精肉、鮮魚、スィ-ツもご繁盛
松坂屋上野店B1階 『魚 喜』
籠を持ったお客が回廊的に魚の周りを回る。
値引きの札を貼る店員の後と追いかけてぐるぐる、店員の掛け声が勢いづく

“青森から届いた本マグロ、果たして体重は? 私の体重の・・・”
“当店の紅1点、本日は彼女が解体します!!”
拍手、拍手、主役の女性の濃いメイクも悪くない、
お祭りモードだもん!
前説の店長の声が響く、お客が応える、間合いが良い、
あちこちから魚喜の面々が現れる。解体の彼女をサポートする男子が良いね。

自粛モードだから、威勢の良さが拍手、お客は上野松坂屋の地下で花見始まる!

イケメンマグロ

イケメンマグロ

マグロの体重は?

マグロの体重は?

拍手解体ショウー

拍手解体ショウー

松屋銀座店の昼下がり
余震止まない東京は人が少ない、
松屋銀座店の混雑は階段周りが少々混んで   やっぱりラスクは強い!

B2階の丸赤で貝類を買うつもりで
下りエスカレーター前で『マグロ』ご対面。
店員さん2名が声をからして呼び込み
“マグロの解体ショー始まりま~す”
少年『これ、活きてるの?』母『死んでるでしょ』つつく母、つつく少年
母『生きていたら暴れるでしょ』少年『ふ~ん・・』マグロの肌乾いている

店員”これ、解体ショー始まるからね・・”
店員”トロも、取れるよ”
男性客『これ何マグロですか?』
店員2名”・・・”想定外の質問だったようで・・・・沈黙
男性客『本マグロですね、ここに書いてあるよ』
な~んだ、お客ばらばら、解体にはまだ時間があるようで、お客の足と心を留めるのは難しい。
何と言っても、デパ地下がひっそり~閑~

店員2名さんはマグロの種類を即答できなかった、鮮魚、解体の担当とも思えない、
何でも即答できないとダメと言うわけではないけれど、興味のアンテナが低いのでは?
お客が少ない時をチャンスにして!
店員さんが面白がってくれたらな~
照明くら~い

マグロ解体

マグロ解体

震災下

震災下

松坂屋上野店  『魚喜』

2月6日17時00まつざかや

いつもは銀座松坂屋の『魚喜』がお気に入り

自宅は川向こうの月島界隈、新鮮なお魚は銀座が少量買いの超便利。

特に銀座松坂屋は名古屋系の食材があり、松坂牛の杉本は煮込みが絶品。

『魚喜』お魚、遠州灘、志摩方面の味覚、春になれば貝類が楽しい』

親切な助言

5時過ぎの鮮魚売り場、”今日は、鯖に鰯、鯵がお得だよ、ひいか!”

上品なスーツ姿のお客『それをたたきにしてくれる』鯵の三枚おろしの笊を見て言う。

刺身か塩焼きか、煮付けと書いてある。

“たたきなら、これは無しで、中にある鯵で作ります!”

『いいわ、これで、出来るでしょ!』お客は笊の鯵をさして言う

“これはもう切ってあるから空気に触れております、

刺身にするならやはり新しいのを下ろしますから”

周囲のお客は聞きほれました。~刺身ははじめから刺身用に~

当たり前のことかもしれないけれど、良心的な『魚喜』

ところがお客様は店員さんの助言は無視!

歩いて行ってしまいました。あれあれ・・鯵のたたきは?

接客は難しい、でも、他のお客様は続いて鯵買っていました~

松坂屋上野

松坂屋上野

松坂屋デパートメント100周年記念
10月14日~26日上野松坂屋 接客サービスを味わう!
相変わらずの北海道展

26日(火曜)たしか北海道展は今日まで?
銀座三越のかえり、上野御徒町下車、松坂屋に駆け込みました。メトロ口には北海道展の
ポスターが見当たりません。
いつも居る、店員さんらしい方もいません。まだ5時前。
中に入って店員さんに質問。

『北海道展はまだですよね?』
『銀座あけぼの』の男性社員が振り向きました”北海道展ですか? すみません、少々・・”
隣の女性店員に確認、電話で確認”はい、本日が最終日でございます”
“お待たせしてすみませんでした・・”ニコニコの笑顔でエレベーターを指差し~
『有難うございました~』こちらも釣られてニコニコお辞儀。
気持ちは良いですね。
それにしても、催事の最終日前に表示が撤去されるのは?
最後の最後までベストを尽くすのじゃないの?
すでに、売り上げ達成か、それとも未達成の見通しが立って見限ったか?

本館6階の会場はまだまだ賑わっていました!

クリームパン

クリームパン

八天堂

八天堂

デパ地下   特設
売り場の行列は『八天堂のクリームパン』

猛暑から酷暑になって、残暑の気配はまったく見えません。
あまり暑いとクリーム系より、氷物が欲しくなります。
ところが最近人気のクリームパン!!

上野松坂屋の特設売り場(籠を持つ)
行列の最後尾に並ぶとも無く、ストッカーを覗く・・・クリームパンが並んでいる。
冷凍ではないのでぎっしり、きっちり、詰め込んではいない。
小倉、抹茶、生クリーム、カスタード、・・・包装紙の色分別・・

4名のスタッフがキビキビ ニコニコ 
正確、迅速、親切丁寧に商品特徴を伝える!


広島、三原の出身です~
冷凍ではありません、冷蔵ですから、お買い上げ日を入れて2日です~
お持ち歩きどれくらいですか? 保冷財は2時間以内ですから、その後は必ず、冷蔵で~
紙はそのまま、包んで食べて下さい~ 10度の冷蔵から常温にもどして召し上がれ~

一人一人のお客と目を合わせながら、
丁寧に注意事項を繰り返しています~
少々お客様によって緩急の変化があるようです。
同じことを繰り返す・・・・マンネリ化した言い方ではありません、
『三原て、どこ?』お客同士が大きい声で
“広島のまん中、尾道の次駅、瀬戸内貿易の要です?”お客が教えていました~”

冷たい『クリームパン』ぼて~と優しいスィーツは和洋菓子の老舗八天堂