松坂屋

新ビルは16年完成予定(新ビルに松坂屋が入るかは未定)

 

お祖母ちゃんの百貨店

神田で乾物屋問屋を営んでいた祖母のところへ手伝いに行かされた。

商家の手伝いはきりが無いほど仕事がある。一つ終わると次の仕事が待っている。

いい加減にすると直ぐ叱られる。

今なら体罰問題になりそうな厳しさ。

ところが、祖母は気前が良いところがあって、月に1回は銀座に行く。手伝いの私を百貨店に

連れて行ってくれる。

必ず、洋食と屋上遊戯を見せてくれた。

遠い昔のことが思い出される。

松坂屋銀座店は銀座そのもの、背筋を伸ばして、スプーンを使った。

 

名古屋の匂いがする豊かさ。

デパ地下に降りると面白い。

『松坂肉の杉本』名古屋コーチンの鶏肉、筋煮込みもあり。

イートインは行列、人気は変らず。

イチビキ味噌の名前を見ると買いたくなる。

 

 

閉店前セール! 本当にお買い得!

1階は小物類が多い。

大判のストールやチーフは梅雨入りの今役に立ちそう~

軽快なバッグは観劇やお食事にぴったり。

通販の深夜メニューの様子に似ている。

上階に行けば、もっと面白いかも。

寝具、小物、貴金属、結納など最近少ない地方の風習を学べるかも?

本当に松坂屋が銀座からいなくなるのはさびしい。

 

銀座でゆったりできる松坂屋にぜひお運びください。

フアンの一人としてお勧めいたします。

 

1月30日からのご案内 

皮まで甘い、丸ごと食べられる! 金柑特集につられて松坂屋へ。

年配のお客がエレベ-タ-にぎっしり。

毎階止まってやっと本階6階へ。

 

『いきなり団子』 健康嗜好からか、九州展の目玉になっている。

熊本の銘菓はさておいて、団子ではない、いきなりだご! 行列に並んでみる。

 

九州と言えば明太子、博多あき津ではない、とくやの明太子。

賞味期限についてきっちり助言している。

 

物産展は人気が人気を呼ぶ。

九州茶屋は、行列ができるあの店?

旨みそラ-メン? 

 

『松坂屋 上野店   創業400周年』
第43回 大北海道展 本館6階 11月9日~17日

いかめし人気

いかめし

パテシエメロンパン

メロンパン

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく本年最後の北海道展かとおもう
会場行きのエレベーターは、買う気まんまんの雰囲気を載せて~
〈六花亭のあるかな?〉〈有るよ、小樽のルタオ、先に買うよ〉他のお客はにやにや~

行列は『めろんパン』
日常的なメロンパンが、一段違うご当地物、本場物のメロンパンとして行列を作らせている。
作る姿を見せている。パテシエの横顔も魅力的、
行列を整理する男性は普通、もうちょっと、面白ければ良いのに・・・
『函館のいかめし』
商品知識はお客も参加!
いか飯はいつでも買える気分だが、つい立ち止まってしまった。
お客の会話が気になって
『これ小さくない?』

S はい、小さいと言われます、でも、煮る前は、20センチくらいありますよ
『うそ、これ10センチ無いじゃない』
S そうですね、このサイズが食べやすいのですよ~
『これ、切らないで、前歯で噛むと簡単よ』
『イヤだ、歯で切るなんて・・』
S 地元ではそうしますよ~
『小さいけど、烏賊の身は結構厚いし、柔らかいのさ』
後ろで聞いていて、納得、
今夜の食事に決定     期待以上に美味!
有名すぎてつい見逃し気味のもの、もう一度、味わってみませんか?
名物に美味い物あり!
烏賊2杯で500円。

トマトの販売、これほどチャーミングなセールストークを聞いたのは始めて、トマトについて勉強しています、(当然ながら)

拍手でした。もちろん大方のお客が買いました。言葉通り、美味! その後トマトの名前を気にするようになりましたよ!

優糖星トマト

優糖星トマト

今日はトマトの優等生 優糖星を紹介します~』通路にワゴンを止めて試食始まり~

『ドレッシングいりません、まず、そのまんま、丸ごとお口に入れて下さい!』

『包丁いらずの手間いらず!』7,5調で呼びかける

黒い制服のスマートな店員さん、若い声がびんびん売り場に響きます・・

一口サイズの優糖星トマトを爪楊枝にさしてくれる・・・・手が伸びる『価値ありの試食』

『パックは、500円と、780円、いつもなれている方は、はっきりお得が分かります!

この量で、このお値段!』

あま~い、

あま~い、美味しいわね、

デザ-トに良いかしら?

試食のお客から離れる(遠慮なく試食させる気配りかな)

『デザートにぴったり』『前菜に、赤色が濃いでしょ、糖度が高いせいですね 』

ほんとう、すごいわね、不通のミニトマトと違うわね、

そうそう、スーパーと違うのね、

『皆様、お願いします、冷やしすぎはいけません、冷蔵庫で半日も入れたら優糖星がかわいそう、

せっかくの風味が落ちてしまいます~』

でも冷たくしたほうが美味しいわ!

『はい、確かに、召し上がる前1時間くらいで お願いします~』

大きいパックを買うと残りそうだし・・・

『優糖星はトマトの中でも、しっかりしています。5日は常温で平気、

トマトの甘さ、糖度は水をやりすぎないからです~』

そうね、テレビでやっていたわ、アフリカとか砂漠のようなところでも育つとか・・・

『有難うございます・・お客様に教えて頂きました・・』

優糖星の試食は間もなく切り上げ、商品知識は、一口サイズで提供する。

試食による共感・共有の雰囲気&立ち話が決め手!

6月21日~28日 本館6階 催事場
–小さな理由で大きなお得!

理由ありの理由とは
《菓匠 若松園義正》竹筒がふ揃いだから   名水竹筒ようかん3本セット 1000円
《大丸オリジナルタラバガニ》旧社名だから 135グラム缶(60缶限り)  1470円
《粒不揃い はちみつ味梅干》《外箱破損 スィ-トコ-ン》
《ラベル不良だから ワイン各種特集》
この他にもお得な理由がいろいろ=配送承ります!

常連客の様子、中にはサポ-タ-を従えたママさんらしい方がお得!鑑定団よろしく、ワゴンに手際よく乗せて行く。

『がんばろう東北』応援コーナー特設 カメラが回っている様子-
宮城県石巻市《木の屋石巻水産》希望の缶詰
救援物資が届くまでの間、多くの人々を救った缶詰。ボランテァの方々の協力を得て、瓦礫の中から発掘。復興への希望が詰まった一品。
金華鯖の水煮・味噌煮
さんま・いわし・かれい  各400円
(缶詰の売り上げの一部は被災地石巻の支援金として、木の屋石巻水産の復興支援金として)
人様々、人いろいろ《缶詰を取り上げた女性二人客》
『ちょっと、これ一個幾ら?』400円です~
『本当はいくら?』340円です・・・
『え?ずるい!』持っていた缶詰を放り投げた~周囲し~ん

その後 エレベーター内で、母子らしい『あんな物買ったらダメよ、作業環境を考えて・・』
エレベーター内は理由ありのお客ばかり・・

理由ありは、理由がはっきりしていて納得なら、OK!
米どころ新潟の切り餅、一個10円で買った、賞味期限まで1ヶ月、
45グラムの黄金は必ず、喜ばれると思って~こんがり焼きめをつけて~(公開)

手延べ温麺

手延べ温麺

瓦礫から出た缶詰

瓦礫から出た缶詰

松坂屋上野店

松坂屋上野店

新潟こがね餅

新潟こがね餅

被害最も大きな

被害最も大きな