木曽路

社内調査委を設置
差額分を現金で補償へ

untitled

メニューに松坂牛や佐賀牛と一部店舗で偽り、別の安価な国産和牛を提供
していた木曽路の松原社長は15日、名古屋記者会見し、謝罪した。
松坂牛、佐賀牛と表示しながら、メニュー価格で1500~2000円程度安い
別の和牛肉を使用しており、差額分を返金する。
木曽路は、しゃぶしゃぶ・日本料理店『木曽路』を展開。
北新地店が7月、大阪市消費者センターの調査を2度受け、高級牛肉の販売量が
仕入れ量を上回っていたことが発覚。これをきっかけに社内調査。

顧客の信頼を失って売り上げが落ち込むとの見方が広がり,朝方から大きく
値を下げた。