伊勢丹

 

『伊勢丹の西瓜』

最近西瓜の産地が変った。

贈答用の果物が主で、特別客には、お好みの野菜、輸入物をお出前する程度。

トマトが年中デパ地下の棚を飾る。

『お届けは何時がよろしいでしょうか』

19時以降にして、誰もいないから・・

『白桃は何時にお召し上がりですか?』

お客の生活時分に合わせたサービスを提供する。

切りにくい野菜、根菜類はカットのサービス、冷蔵・冷凍の仕分けまで?

 

大きな西瓜はご家族用が案外多い。

こだま西瓜はカット西瓜に変ったらしい。完熟のパイナップルも夕方の人気物。

コンビニとの接点が伺える。

 

常に優位を誇る伊勢丹が果物だけは野菜とぽつぽつ?

同じ新宿に高島屋の八百一と競り合う。または西口の京王、築地定松が面白い。

小田急は九州もの以外も強化。

走りの実力、旬の売り方、比較も面白い。

 

 

 

伊勢丹のデパ地下はさすが、男子が多い。

ショコラの店は何時も以上の行列です。

この時間で吟味しているのは本命のお返しかしら?

プレゼントの後はお食事かな?

 

強いな、バ-ム・ク-ヘンはお店からお客が溢れて。行列男子は、静かです。

 

伊勢丹の袋、すっきりして素敵!

代々の袋を見ると、特徴は文字が無いこと。店名なし、電話番号なしですね。

 

いつももっとも美味しいスィ-ツや、パスタ、お弁当が競っています。

今回はお団子の店、京都の二年坂『藤菜美』実演販売をしていました。やはり並んでいます。

白と抹茶と・・・トロンととろける感じ。冷蔵庫でも堅くならないとか、でも野菜室くらいが

  京都に行ったつもりで買いました。

黄な粉が多いと友人が言いました。私は抹茶が大好きです。

 

懐かしい秋田の由利本庄 赤いしっかり焼き上げた餃子。迫力あります。

看護婦さんたちに人気ありです。

蕗の緑がお勧めです。

店主らしい方とお客が秋田弁で雑談中、待ってたけど、終わりそうに無いので、見送りました。

焦げ目が美味しいという評判です。

秋田は粉ものも上質ですよ。

『京王で売り切れ、伊勢丹のフードコレクションで見つけた!』

 

その名は『究極の赤ぶどうパン』

水は一滴も使っていない! 小麦粉 サルタナレーズン ぶどう 武道種子抽出物・・

1個 250グラム 525円

渋谷区代官山・・

 

京王ではぶどうパンはすでに売り切れ、四角いあんぱんのみ

翌日伊勢丹のフードコレクションで、究極の赤ぶどうパンもあんぱんも勢ぞろい。

誰も買っていないと安心してパスできる。一回りしてから買った。

究極かどうかは分からないが、冷めて美味しい。

ネットでは文言の一つ一つが引き付ける。住所、町名も商品価値を上げる。

店頭の接客は普通!

 

草食男子と言うけれど

日進のミ-トバルで

ハム・ソ-セ-ジがカートにいっぱい。大きなハムの値段を確かめながら、一枚、一個、

他のお客が買っていると真似したくなる。

買い方が美味しそう・・・。(レストランのシェフかも)

羅館工房(日ハム)接客たのしい

『生ハムお好きですか』( 斜めの立ち居地 )

柔和な笑顔、肯定的なアプロ-チ

大好きですけど、なんとなく買いにくいです、

『こちらは、今一番売れています』

パックのハムを出して見せる。(500円なら安心)

『お気軽に召し上がって下さい』

そうですね、これなら買えますね、どの様に食べると良いですか?

『はい、やはりメロンに巻くとか』

メロンは無いし、干し柿でも?

『はい、フル-ツとは相性が良いですね』

500円のお買い物でもてなしを受けた気分。

『日本ハムです、よろしく・・』(はい、こちらこそ)

 

 

羅館工房は店名では無いらしい。(読み方が分からない)

賞味期限 12 3 22  保存方法 10C以下で保存

表示も国産は分かりやすい。

 

 

生ハムは安値(嬉しい)

次回はイベリコ半島産を是非。