その他

untitled

八幡神宮に近い食堂街、食道街を抜けるとデパ地下へ。
主人と二人、遅いランチに。
夫はいつものみそかつ丼、私は卵丼。
席は6人掛けのような、メニューとカスタ類はテーブルの
中ほどへ。
ガタンと蹴られた音がした。テーブルの脚を誰か蹴ったらしい。
袖なしの中年の女性。じろっとにらんできた。
夫を見ると、ほっとけ!いつもの彼らしい、何も言う気はないらしい。

客は夫と同じ味噌かつ丼、葱いっぱいかつ丼におさえつけている。
葱好きにしても入れすぎ。
葱入れの小鉢を逆さにして葱を入れた。
いくら好きでも限度があるのでは、
店の人を呼んで注意した
私が注意するんですか? 店長じゃないですから・・ふくれっ面の店員。

九条葱と書いてあったけど、信じられない。
たかが葱ですが、九条葱の品位と言うか、葱の尊厳を無視している。
独り言して怒る夫婦。

関西出張になりました。
久しぶりのお出かけとなるとチケットの手配などしなければならないことばかり。
同行の後輩に切符を買ったかと尋ねると『そんなもの、カードで入れるから・・』とすましたもの。
当日はやはり手続きなど不要のカードで入る。
新大阪についても、大阪についても、カード。
『スイカ』が使えないと思い立っていると『おばちゃん、スイカいけるで~』
若い子の声。『大丈夫や、JRと私鉄ならな』
PASMOはあかんで!
気さくな声に安心して、新快速の飛び乗り。急行券など買わずに超快速で姫路にも行けるとか!
愛用のnanacoも使える?

美味しさ新発見
大切な方へのお土産に[梅干]
ご存知でしたか?
都市部から、田舎の美味を持参する!!

地方に実家がある方は、梅干し、お茶、お米、味噌、漬物など
都会で暮らす子供や孫のために、お世話になる方にも、
まさに半端じゃない量を。

しかし急激な少子化、高齢化、現象は現実になりました。

梅はなるけれども取る人が居ない。
自家製の味噌漬けなども昔の話。

自家製の漬物類、発酵もの、都市にはやはり美味珍味が集まります。
初めて東京土産の梅干をもらって個包装に驚き、
やわらかふっくら、絶妙な塩味、香りを喜ばれたとか。
本当に美味しいものを求めたら、それなりの価格もありかと。

日本や韓国が参加する中西部太平洋まぐろ類委員会の小委員会が、
日本近海をを含む北太平洋海域のクロマグロに関し、30kグラム未満の
未成魚の漁獲量を平成27年から半減することで大筋合意する見通しとなった。
関係者が3日明らかにした。
議長団の日本が資源管理に向けて提案した規制強化策を各国が受け入れる
方針を固めており、4日の最終日に合意する。規制強化で刺身などの価格が
一時的に上がる可能性もあるが、早期の回復に向けた資源管理が一歩前進する。

新宿で普及セミナー
高級牛肉ブランド『神戸ビーフ』を首都圏に広めようと、兵庫県内の関連業者などで
作る『神戸肉流通推進協議会』は3日、新宿区の京王プラザホテルで販売店や
レストランなどの関係者らを対象としたセミナーを開催した。
神戸ビーフは、血糖や品質の条件を満たす但馬牛だけを同協議会が認定。
セミナーは神戸ビーフがなぜおいしいのか、などを訴えることを目的に、一昨年から
始まった。この日は約80人が参加。
基調公演で、他県の牛を交えず、改良してきた但馬牛の歴史などを紹介。
今後は味に関する育種改良を進めたいと述べた。