小田急百貨店

untitled

 

加賀百万石  金茶寮の重ね弁当

金沢を代表する料亭『金茶寮』香林坊店に行ったときは食材の豊かさに感動

金箔を巧みにあしらった酒器、椀ものに楽しんだ。

 

小田急の地下ではきわめてカジュアルにお弁当を求めることができる。

『お節句ですよ、今日は水仕事をしないで、ご馳走弁当を食べて!』

1500円のお弁当をおもたせに、介護ヘルパ-の仲間、今日は仕事を離れて

『重ねがよろしい? 別々が良い? お昼用に? でしょ』

接客用語は簡単になったり、過剰になったり、店員さんは笑顔作ってないけど

付き合いやすい。

 

食後感想

ご飯がおいしい。

北陸なら富山の鱒寿司が欲しかった。

五郎島金時のスィ-ツが食べたい

ご飯おいしいわ

そのとき北陸は超寒波、雪害で交通機関大問題とか

◎  201312日→8

◎  小田急新宿店本館11階=催物場

 

 

今年は各百貨店が年明け2日から営業。

福袋を求めるお客は原宿ラホーレ、渋谷、銀座ぷらんたんなど、旅行気分で都内を巡る。

小田急のみちのくはぐっと渋い催事、的中率は高いかも・・。

 

正月三が日に留守をしてもかまわない文化が定着したのか、すでに誰も気にしていないのか?

 

小田急百貨店のある新宿西口は日本一の乗降客数を誇る。

さすが2日のエスかレターはちょうど良い?程度の込み具合。

 

物産展は『やってみせる、やらせてみる』が一番。

つまり、試食のお勧め上手が人を集める。

小田急新宿店 開店50周年記念  四国・山陽の観光と物産展

 

31『寿司の花子』100人前の寿司

金糸卵がたっぷり、車えびにピンクのそぼろ、穴子、こはだに、椎茸、蓮根、山陽路の春。

箱寿司の切り口が光っている。寿司飯の美味しさが伝わって来る。

「岩国です、広島よりです」岩国の地名が分からないお客に教えている店員もあやふや。

観光と物産展に関わる以上、是非地図を見よう。

地産地消はまず、その土地に親しむことから・・。

 

 

18 『大つち』うるめ鰯の干物 

試食に摘んだうるめ鰯はたしかにおいしい!

「500にする?」店員に聞かれてつい「300」と答えてしまった。グラム800?

レシートが無かった、催促できなかった。

男性店員が「三匹入れてやっから・・」うるめは上品質だったけど接客は今いち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小田急新宿店  開店50周年記念

3月21日→27日   本館11階=催物場

 

11階に到着したお客は分からないまま歩き出す。

物産展らしい、賑わいと匂い・・・

立ち止まっている売り場『 魁栄堂 』 熊野筆   なでしこジャパンの記念品? じゃない。

お客が解説をし始めた、物産展によくいる博識者さん。

賑やかな声が聞こえた。

桃太郎さんらしい、

若い女性がお客様と記念写真、『デパ地下写真撮りましょう!』(デパ上)

パンフレットを持った女性はアルバイトさんかな?

笑顔もあちらにも、こちらにも、声はっきりと、四国・山陽にぴったりの明るさでした。

 

 

 

 

 

小田急新宿店

5時過ぎのデパ地下

お値下げの値札が貼られていく、

トマト、いちごはパックの容量を増やしている・・

 

4号レジに並ぶ

前のお客は籠の中は少ないが遅れきみ?

『すみません、少々お待ちくださいね~』

言われてサッカーの顔を見た!

凄い、りっぱな付けまつげ、なが~い、厚い、濃い~二重三重~

ワォ、小田急の食品はこれで良いのか?

食品を扱う以上清潔は絶対じゃないの?

付けまつげが落下して異物混入とか、クレ-ムに?

 

 

『保冷剤お付けしても大丈夫ですか?』 はい、お願いします。

『お急ぎのところお待たせして・・』

包装は迅速で、丁寧、保冷財の止め方も正確。

まつげはまつげだけど、接客は好感度大!

 

前位置のチェッカ-の顔を見るとそっくりのまつげ! 一緒にメイクしたような顔、

隣の5号レジを見るとちょっと年配者、でもきれいに会いラッシュカ-ラ-を。

 

 

(社員規則とか社員ハンドブックを見れば、身だしなみは清潔に、華美な化粧は・・

目立つな! 的な事が書いてあるかと推察する。)

 

 

 

4号レジ、5号レジ、付けまつげさん達の接客に感謝します!!