小田急百貨店

731日(水)→86日(火)

『小田急百貨店 新宿店 本館11階=催事

 

なれたお客が多いらしく、イートインにぴったり席取り行列、お買い物組みと連携。

有名店だけでなく、最近評判の新店、新商品が登場しているのが面白い。

 

富良野牧場はパックに工夫があり、小家族が買いやすい。

佐伯のうにご飯は接客がうまい。お客の歩く速度にあわせた声かけなど・・・。とかく大きく作りやすい地方都市で、上品、食べやすいのもよい。匂いの特徴も教えて。

佐伯の地形が見えてこない?

untitled

 

小田急ハルクは客層が若い。

KALDIが出店してハルクのいり口が賑わっている。

その売り場に入る前、第一に目に入るところに『雅』が出ている。

デニッシュの雅がある、同じもの?

『はい、あの雅でございます』

店内にもありますか?

『すみません、今回はこちらだけです!』

バタ-も何もつけなくて良いですね

『そうでございます、季節のジャムもよろしいかと・・・』

行列なしで買える雅、売り場がカジュアルな場所にあると決断も早い。

一人販売はお隣の餅、落花生との協力が必要。

おなじみ店舗らしく、リカバリーは十分。ハルクの指導が良いのか?

一声かけるタイミングの良さ!

小田急ハルク内

untitled untitled

ビルの中の専門店

デパ地下の続きのような

明治屋のような、違うような

安いです!

コーヒー豆は30種以上。食材・菓子・飲料その他、どきどきするものがところ狭し状態。

 

ホワイトアスパラ探し!

先輩から連絡あり、ホワイトアスパラを探して、

貧相なのはいや、極太の極上物を。

明治屋か、紀伊国屋ならあるはずと安請け合いしたところ、見つからない。

生アスパラの白は細めのはあり、缶詰の細はあり、

明治屋の女性に相談。

その女性の後をついて行く。明治屋だから、あるはず・・

『これなんですけど・・』?? 華奢すぎる、瓶詰めにしても、しかもそれがたった1本。

これですか?!

不満げに聞くと、『そうなんです、これが最後です。もう作らないと言うか、来ないらしい・・』

隣に行きましょう・・・勝手に歩き始めた。

明治屋のお隣は先日開店の『カルディ』

笑顔で挨拶しながら、奥に行く。棚の奥に手を伸ばして『有りました!』

ずんぐりした白アスパラの壜を取り出した。

まるでカルディの人みたい。

取り敢えず、太めタイプの白アスパラ!

『700円です』 産地はどちら?

『コスタリカです』と言うと、南米? 『そうみたいですね』ぎこちない会話。

まあ、この際は期待どうりのホワイトアスパラであって欲しい。

探してくれた女性に感謝。

カルディの混雑振りと繁盛振りに、お客の情報収集力に敬意を。

untitled

 

 

小田急百貨店 新宿店『魚屋の寿司』

 

築地直送の鮮魚の評判は上々。

連休はじめの寿司屋さんは混雑すると予想して、、店舗は混雑すると予想して、握り寿司を手土産にした。

 

新宿から15分で無事到着。寿司折を早速開けた。

あらら、折の中で寿司が移動している。

押されて変形?

 

見た目が悪いと、美味感は消えている。

食べれば同じ! とは言えない。

残念、張り込んだつもりの寿司折だったのに。

 

店にクレームを言うつもりは無い。

自分の持ち方が悪かった!

移動のことを考えて、商品を決めるべきだった。

携帯時のことを考えるべきだった。

 

 

人気のパン店『ポンパドール』

いつも新鮮・美味しい情報あり。

海外で優秀賞を取得! 技術者の活躍が目に見える。

 

味めぐりの看板が目にとまった。

全国のユニークなパンを紹介している。

あんぱんは?

カレーパンは?

いきなり団子!! これは九州熊本の名物。今やかく百貨店の物産展の行列店になっている。

忙しくて物産展にはいけない方は多い。思いがけない売り場で、発見したら、即お買い上げ!

ご夫婦らしい方が、手を取り合って、『いきなりだご、これこれ、有った!』