デパートランキングトップページに戻る特集 食品の偽装問題ページに戻る


豊島屋 鳩サブレ

絶対信頼・信用のお菓子はこれ!(好きに理由はないのですが)
デパ地下ではつねに目立つ場所に鳩サブレがあります。あ! 
鳩サブレーは平和の象徴と、誕生までのご苦労など想像もできませんでした。
バターも小麦粉も入手できなかった時代を教えられました。お菓子つくりとは骨っぽいものですね。    
鳩サブレーの隣に鎌倉らしい和菓子茶寮があります。
雪ノ下 鎌倉八幡宮の近くに同名の教会があります、可憐な小さな花が咲きます
花にちなんだ雪ノ下は、白小豆の蜜漬を、小豆あんの押物に鎌倉石を求め、お棹菓子に。
季節の和菓子は本当においしいですよ。
江ノ電で楽しんだ後お土産は必ず、はとサブレにします。
鎌倉の名菓はテレビでいつも取り上げられますが地方に送って喜ばれるのははとサブレです。
祖父が大事にしまって食べていた鳩サブレ? 年よりも洋風の味が好きだったのでしょう。
デパ地下には鳩サブレ、隣に干菓子も幾つか・・名前忘れますが、鎌倉の名所にちなんでいるとか。

鎌倉 豊島屋
鎌倉生まれの鎌倉育ち

鳩サブレー

店を開いて間もない明治三十年頃。当時海濱院に滞在されていた異人さん(どこの国の方か伺わなかったようです)がフト、店へお見えになり、当店初代に大きなビスケットを下さったそうです。それは掌に近いほど大きな楕円形をしており、ジャンヌ・ダルクが馬に乗り槍をかざしている図柄が刻まれてあったそうです。

明治人風に発音するならば、このピスケの味、そしてタップリすぎる位の大きさ、初代はこれからの日本の子どもさん達に喜ばれるのはコレダ!!と思い立ったそうです。人真似が嫌いな性質でした初代は、マネをするのはシャクだが、今までにないこの味を何とかして・・・と夢中になってピスケを研究したようでした。そして、このピスケにはバターが使われていることを識ったのでした。
HPより一部紹介

小鳩豆楽(こばとまめらく)
包装がなんとも可愛いし、包み方、紙質が手に心地よいし、そら豆粉の風味で落雁したて、お口の中にふわっと広がる風味。
3包入折378円 1缶入 7包 1,050円

きざはし
長い歴史を刻み込んだ鎌倉石 餅粉求肥に焦がし黄粉の風味を求肥ファンはとりこになるそうです。
八十小路(はとこうじ)
季節の銘菓や蒸しすしなど、鎌倉散策の一服
定番のお汁粉なども

Copyright © 2001-2007 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

HP素材Design