デパートランキングトップページに戻る特集 食品の偽装問題ページに戻る


五家寶

絶対信用、信頼のお菓子はこれ! (好きに理由はないのですが)

子供のときはケーキが欲しくて、五家寶がお土産だとがっかり。今は自分がお土産に。
黄な粉の香りがなんとも言えない
歯切れが悪そうで歯切れはよく、おもしろいお菓子
熊谷の駅前がオフィス、頼まれて買って帰ることが多いです。
駅ビルAZロード店が便利、保存できるけど、作り立てが美味しい気がする。
三越銀座のデパ地下で五家寶の実演を見ました。力を入れて職人さんが真心込めていました。
地味ですが健康的なお菓子、色もよし、昔の人の智恵は感動します。
販売の人は笑顔がよいです。顔なじみでお互い何となく挨拶します。信用は人からでしょ。
冷凍や冷蔵が無い昔にできたお菓子ですから感謝していただきます。
宣伝が少ないだけ、お値段は高すぎません。安心して買えます。
添加物、着色料が無いと言う点も信頼できます。自然食品ですか?
下請けとかじゃなく、すべて、自社で製造と聞きました。
日本一暑いが自慢の熊谷で五家寶が自慢です。

創業 明和二年(1765年)埼玉県熊谷の銘菓 紅葉屋
昔懐かしい素朴な味で親しまれている。原材料から全て自社で製造している唯一の菓子舗添加物・着色料なしの自然食品と言うことで注目されています。

五家寶の製造工程は、種や黄な粉を作る工程と、それらを用いて五家宝を作り上げる2つの工程があり。
作り 糯米を粉に挽き、水でこね、一晩水につけてから蒸篭で蒸します。
餅を搗きます。搗いた餅を長いのし棒で1〜2meter、畳2畳大に伸ばします。
伸ばした餅を乾燥機にかけ、包丁で切った後一晩寝かせます。
その後、切断機にかけ、砕いたものを煎り、丸いあられ状にします。(一部紹介)
寝かせたり、伸ばしたり、五家寶は毎日早朝に行う大事な作業の繰り返しです。
デパ地下で見たときには職人さんの真剣な動作に感動しました。

良くある質問

Q 五家寶の賞味期限は?
A 製造日より一ヶ月 そもそもの発想が保存食、一度日を通したお米をいかに美味しく安全に食べるかと苦心したと思われます。時間の経過とともに、風味や食感が落ちてきます。お買い上げ後はどうかお早めにお召し上がり下さい。
  
Q 五家寶の保存は?
A 常温保存可能です。実は非常にデリケートで、温度や湿度の影響を非常に受けやすい商品。人間が快適に過ごす環境が、五家宝にとっても良いのです。

HPのQ&Aより (一部紹介)   


Copyright © 2001-2007 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

HP素材Design