デパートランキングトップページに戻る特集 食品の偽装問題ページに戻る


デパ地下大好きさん 私の食の安全対策 


食品偽装 なくなると良いのですが

偽装と言うけれど良くわかりません? 何に違反しているのでしょう

  1. 嘘の産地や原料を表示することを禁じている→違反→警察捜査(5年以下の懲役、500万円以下の罰金または両方)
    例 比内鶏=廃鶏など他の肉を売った

  2. 原産地、消費期限などの正しい表示を義務付けている→違反→改善指示(農水産省)→命令→無視すれば、(1年以下の懲役、または100万円以下の罰金)すぐには刑事事件には問えない。
    例 賞味期限を改ざんしていた北海道の「白い恋人」も改善の命令が出た。

  3. 加工食品などに消費期限や保存方法の表示を義務付け→違反→(2年以下の懲役か200万円以下の罰金、または両方)罰より改善を重視し、保健所や役所は是正の指導、営業停止などの処分にとどめるのが殆ど。
    例 赤福の本社工場は無期限の営業禁止を言い渡された。

  4. 嘘や大げさな表示を禁じている。違反→公正取引委員会が同じ表示をしないよう→排除命令→従わない→(2年以下の懲役、300万円以下の罰金)
    例 ブロイラーを地鶏として売っていた山形屋百貨店宮崎には(警告)が出た。

複数の法律が問題を複雑にしているのでは?
経済産業省 不正競争防止法
農水産省  JAS法
厚生労働省 食品衛生法


Copyright © 2001-2007 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

HP素材Design