デパートランキングトップページに戻る特集 食品の偽装問題ページに戻る


食品事故 騒動 結局何が起きたの?

(テレビ・新聞の報道を振り返ってみると)

自給率低下の要因は、単に食料消費の変化があったということだけではなく、この消費の変化に生産が対応しきれなかったことも要因の一つであるといえます。特に近年では、日々の食事の中で惣菜、冷凍食品といった調理・加工された食品の割合が増え、また外食をする機会も増えてきました。こうした中で、これまでの国内の生産では食品加工メーカーや外食店といった食品産業が求める要望に十分に応えられてきませんでした。したがって、国産の農産物が利用されるよう、こうした食品産業の要望に応えていくことが期待されています。                                              (農林水産省)

『恐怖の肉まん』 ダンボール混入10年前から
北京市の工商当局が露店で検査の結果
肉まんはダンボール片6に対して、豚肉4の割合で製造。病死した豚の肉だった。ダンボール片を豚肉に混ぜ、ミンチ状にすると味は本物と大差なくなる。
中国では豚肉の価格が急騰しており、店主は材料代の「節約」によって1000元程度の不当な利益を得ていた。問題の肉まんは10年前だという。

『ダンボール肉まんは偽報』北京テレビが発表
ダンボールを混ぜた肉まんが売られていると報じ、内外に大きな衝撃を当てた問題に絡み、(やらせ) だったことを明らかにした(燕そう都市7/19)

農産物で国産品と外国産品と表示されたものがある場合、どちらを購入しているか?

国産大豆製品の購入理由

食料自給率とは

私たちが食べている食料のうち、どのくらいが日本で作られているかと言う割合の事です。

主な先進国と比べると、フランス130%、アメリカ119%、ドイツ91%、英国74%となっており、
我が国の食料自給率は主要な先進国の中で最低の水準となっています。

(資料)日本以外のその他の国についてはFAO"Food Balance Sheets"等を基に農林水産省で試算。ただし、韓国については、韓国農村経済研究院"Korean Food Balance Sheet 2001"による(1970,1980,1990及び1995〜2001年)。


Copyright © 2001-2007 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

HP素材Design