TOPページデパ地下活性化
 

接客応対サービスの向上を望む声が圧倒的。しかし
私たちの希望は相反しています。
商品がバラエティに富んでいるように、接客も
ワンパターンでは美味しくないですね。
様々なご意見を是非是非ご覧下さい。

1

店頭販売員のセールス術強化

2

まず強引な接客をやめさせる。出来立てにこだわった店づくりをします。お茶やおせんべいなどの乾物の構成比を低くし、生物(若い女性に人気のデザートやイタリアン)の充実を図る。イートインコーナーを増やす。(初期投資はかさむが、ロスがかからずもうかる)

3

曜日ごとにお得なものを用意して人を集める。デパ−トに入ってしまえば、目当て以外でもつい買ってしまうので、とりあえず人を集める

4

客の様子を見て、無駄に声をかけない。買いづらいことがある。

5

気軽に行けるような感じ

6

お客様に不快感を与えない為のスタッフ教育を徹底する。

7

親切

8

まず清潔感を漂わせるように掃除などは徹底する必要があると思います。デパ地下はいつも慌しく回転しているので落ち着いて商品などを見ている暇がありません。内装も同じで美しい物がいいと思います。あとは従業員にお客様がゆっくり商品を見る余裕をもてるように心遣いを学ばせる事も大事だと思います。

9

なるべく目立つ原色のポスターを壁にまず貼ります。デパ地下って結構地味な感じがします。あと、心地よい音楽を流しながら接客をします。

10

もう少し 笑顔

11

清潔である事。感じの良い笑顔の応対。

12

客のニーズに答えられるようアンケートを実施する

13

お客さまに気持ちよく買い物してもらうために、もう少し笑顔と元気を心がけさせます。

14

1)独身者、単身赴任者用コーナーを設けて、あっちこっちうろうろしなくて 済む様にする。2)栄養相談、献立相談サービスを行う。

15

他店にない品揃え 客の立場にたった親切な接客の徹底

16

対面販売

17

有能なバイヤーを雇用する。(価格交渉・品質向上)・綿密なマニュアル教育で従業員の接客態度・仕事効率の向上。(店舗品質向上)・顧客年齢層に合わせて従業員も近い年齢にする。年齢が近いほうが買い物のしやすい。・多種多様な商品陳列・アンケートなどの実施。定期的なプレゼント企画として確実な顧客情報の取得。

18

もう少し愛想のよい対応をする。・もう少し家庭的なお惣菜などをお手ごろな値段で提供する。・もっとその場で食べられるような場所を増やす。

19

声とかいっぱい出しながら安売り等をして雰囲気を盛り上げる!

20

若い20代の元気のいい兄ちゃん2.3人で威勢よくよびこむ

21

大きな声でいらっしゃいませ。でもあまりしつっこくなく。種類を多く。

22

基本ですが、あいさつとかですね。

23

とにかく積極的にお客さんと接して信頼感を得ることお客さんに友達感覚でお付き合いすること

24

徹底的にサービスする

25

積極的に若者の人材配置をするといいと思う

26

従業員の接客態度の徹底

27

あまりお客さんに声をかけないようにする。

28

声とかいっぱい出しながら安売り等をして雰囲気を盛り上げる!

29

店員の接客態度の改善

30

経営不振が伝えられているデパートに行くと、社員が客に挨拶をしない、客にお尻を向けて雑談に夢中になっている人が多いことに気づきます。新しいプランより社員の気持ちの切り替えだと思います。

31

社員の徹底サービス教育

32

個性の強化

33

店員教育を徹底させる。

34

従業員の再教育をし、豊富な商品知識、接客マナーを見直す。   地元のおいしいお店を調査して短期間でもいいので、出店してもらう。

35

店員の対応でしょうか、ほっとかれると、やーめた!という気分になります。

36

ハードよりソフトかなあと思う部分もあるので、クレーム対処等接客の教育を強化しますかね。(同じような店なら気持ち良く書いたいんですよね。)接客の対応の個人差はしょうがないとは思うのですが、自分のもらっているお給料にそこまでが含まれていると考えている店員さんは少ないんじゃないかな、と思うのですが

37

低価格でおいしいものを、また、お年寄りや身障者の方々にも安心して提供できるようにする。商品の説明や調理されているものなら販売員がしっかりと内容はあくし説明できるように、また、人が多いため子供の突発的な行動など事故に結びつきやすいため、販売員がしっかり注意する。また、その旨を店の前などに説明しておいたほうが、騒いでいた親にも注意しやすい、

38

まずは、従業員の、商品を売るための姿勢の改善だと思いますが、その他に袋の中に、新商品の紹介や、クーポンなどのついたチラシをいれて、お客様に渡したりするのは、お客様にとってもうれしいと思うので、いいと思う。後、帰りの遅いOLさんが利用できるよう、閉店時間を伸ばすのもいいとおもう。

39

入りやすい雰囲気作りの為に頑張ると思います。デパートというとすごく高いイメージがあるので、それを払拭したいです。イベントも計画して活気づくよう心がけます。

40

買いやすい店内、プレゼントのあるお店作り。

41

衛生管理を一層心がけるよう指導する。

42

心のこもった接客。商品を買った人ががっかりしない商品提供。(サラダが底上げされていて、中身が少ないなどがないように)

43

お客様の満足にお答えするため、お客様の声を重視する。なかなかアンケートでは集まらない生の声を聞くため、いろいろなイベントなどで人を集め、その中から少数でもいいから生の声を聞くためお客様の中に入っていく。

44

活気は大切ですが、安っぽくならないように接客に気をつける。人気の高級スーパーのような、セルフ式でありながら品を失わないで欲しい

45

とにかく、笑顔^^!あとは、元気の良い挨拶!!挨拶が暗いと商品が美味しく見えません。

46

しつこくない対応、明るさ、笑顔の徹底。なぜか人が集まる空間を作りたい。そのために・・・。さりげない対応???心配り、その人にあった対応、洞察力!

47

楽しくゆったりと買い物ができるような音楽を流す。店同士を必要以上に競争させない。気さくな人や印象のいい人を売り子として雇うように、人選をしっかりする。

48

お店の雰囲気を明るく、おしゃれな感じにし、お客様が立ち寄りやすいようにしたいと思います!!

49

足を止めていただけるよう、商品知識、明るさ(活気、笑顔、)が一番

50

プレゼントアドバイザーを常備して、お客様の要望からプレゼントをいくつかピックアップする。

51

ショップ同士での相談会を開き扱ってる商品についての知識を高める。売り場で相互イベントを行う。(割引やプレゼントなど)食事が出来る場所を設ける。

52

店員の教育を重点におきたい。お店の雰囲気、品物の配置など

53

対面販売の強化、売り子のプロ化(マニュアル通りしか対応出来ないのが多い)、客の意見をその場で、吸い上げるマネージャーの配置。

54

言葉使いを良くし、すぐに対応できる臨機応変さをつけてもらう。

55

タイムサービスと従業員のサービス精神を強化したいです。

56

清潔・良質な物の提供・従業員の教育。特に従業員の教育は徹底したいですね。接客・売り物の知識等…。何故って従業員の対応でイヤな思いした所は、行きたいと思いませんから。

57

接客の向上、もう少し上品な感じで喧騒感が無いようにして欲しいです。

58

夕方の慌ただしい時間でも、デパートらしい、ゆったりとした接客を心がける。市場での買い物とはちがった雰囲気づくりのフロアにして、高級志向の客をひきつける。

59

お客を寄せる為にとにかく大きな声で呼び込むこと。それから試食ですね。美味しいければ買うと思います。

60

従業員の接客サービスの質の向上商品の特徴を紹介する掲示、ビラの配布等を行う(更新はマメに)。

61

店員がメチャクチャ親切だったら何回でもいこうとおもうからてっていてきな店員の教育をしたらいかが

62

とにもかくにもまずは社員の意識改革をおこなう。お客様には「来ていただいている」という心を常に忘れないように指導。特に挨拶を重視する。明るく元気に挨拶をする店員はとてもに感じがいいからだ。常にお客様の前では疲れたフリなど見せず、「このデパートは明るく活気があるんだぞ!」という姿で仕事に望んでもらう。今日くらいはいいだろうと、気の緩んだ態度や行動を控える。一度感じが悪いとお客様が思ったなら、2度とは来ないと考えていいだろう。なぜなら、お客はお店を選ぶことができるからだ。そのお客様には一度しか会えないと思うくらいの勢いで、精神誠意の接客に勤めてもらうようにする。いくら品揃えがすばらしいお店でも、その中で働く店員が悪ければその店に行こうとは思わない。お客様にはその商品を手に入れることができたという満足感と、この店にきてよかったなと思っていただけるようにしなければならない。「人材」を「人財」に変える社員教育が必要である。専門でない私がこのようなことを書き、気分を害してしまったかもしれません。差し出がましいことをし、失礼しました。

63

従業員の教育を徹底します。こび過ぎず、なれなれしすぎず、丁寧、笑顔の気持ちの良い接待ができる従業員を育てます。

64

とにかく徹底して社員教育を行う。挨拶・服装・接客態度売っているものも、サービスも他店とは違うところをアピールしたい。店員の態度が悪いところではほしいものも買いたくなくなるものだし。

65

入りやすい雰囲気作りの為に頑張ると思います。デパートというとすごく高いイメージがあるので、それを払拭したいです。イベントも計画して活気づくよう心がけます。

66

お客様の満足にお答えするため、お客様の声を重視する。なかなかアンケートでは集まらない生の声を聞くため、いろいろなイベントなどで人を集め、その中から少数でもいいから生の声を聞くためお客様の中に入っていく。

67

たとえば、昼はランチ、夕方はお惣菜など、いくつかのお店でさまざまなキャンペーンを連動して毎週くみ、お客様には便利で安く、また飽きさせない工夫をこらして販売展開をする。500円弁当とか700円夕飯とか?プレゼント宜しくお願いします。

68

売る立場ではなく、買う立場で物事を考える。地下で買い物をするとビニールの袋ですよね。買っているその時はいいのですが、家が近いわけではないので、交通機関を使っていらっしゃるわけですから、買い終わった時、レシートを持ってゆくと、買ったものをまとめて入れるキレイな紙袋を、プレゼント、今のままでは、いくらいい物を販売しても、スーパー見たいでは、ここまで会に出かけたのだから、外見も、持ち物も、カッコ良く無くては

69

当たり前のことですが、地下の売り場らしからぬ明るさ・清潔さ・賑やかさを常に維持しつつ、わざわざお客様が降りてきてまで通いたいような品揃え(ジャンルごとの顧客の欲求)を研究する。売り場としての華やかさとは対照的に、落ち着きも大切であると思う。地下の空間はプライヴェートなイメージや、高級感、くつろぎをかんじさせる。しかしなにより、販売員の技術向上・平均化を図るべきかもしれない。その上で、各々のデパートと売り場が協力しながら(広域型ではなく)地域の買い物客の欲求・ライフスタイルに密着した仕入れなどを行っていくのがよいのではないだろうか。毎日来るお客様を維持する努力と創意工夫。それはその店舗や地域ごとに異なると思うので、一概にこうすればよいとはいえない。

70

芸能有名人が普段買い物に来るよう来客作戦企画をつくる。● 本人だけの割引、サービス優待カードの発行(企画了解後)● 店員の年齢を30から50までにして、ふけ顔、白髪 茶髪をなく す。。。買い物に行く客が、若い店員とただの売り子がいるとイメー ジが悪く、高齢者や白髪茶髪はデパートのステージの低さを感じる

71

まずは匂い、地下だからこそこもる匂いをなくす。店員の教育、ボケっと待っているのではなく積極的に声をかけさせる。じっと見られるのも買いずらいのでやめさせる。お尻を向けるレジ、梱包台をなくす。商品の補充、整理を徹底的にする。売り場に穴をあけない。

72

持ち帰りガ面倒な客に配達のサービス(夕食に間に合う良いうに)

73

宅配サービス

74

客のニーズに答えられるようアンケートを実施する

75

独身者、単身赴任者用コーナーを設けて、あっちこっちうろうろしなくて 済む様にする。2)栄養相談、献立相談サービスを行う。

76

堅いイメージをなくす

77

基本的に奥様のご利用が主なので、さわやか系のお兄さんを呼び込みに使用する。比べられるので同じ物を販売している売り場を隣同士に置かない。離れたところに置けば「あらこんなところにも売っていた。今度はこっちで買ってみよう」となるはず。

78

アンケートをとってみる

79

声をだす。

80

とにかくお客さんがあつまるような努力や企画をかんがえる


Copyright © 2001-2005 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

★相互リンクサイト★

イノヴァーフロア フランス製キャンドル 健康生活