吉兆の秋刀魚

吉兆の秋刀魚

梅の宿酒造

梅の宿酒造

凄い! 伊勢丹の酒売り場の親切と知識⇒他百貨店の商品も正確に教えてくれました!

紫野和久傳、平八茶屋、招福楼の間を入るとそこが和酒のコーナーです。
「すみません、銀座松屋に有ったのですが、金魚のお酒ありますか?」
“金魚ですか、伏見の” 「はい、伏見でした」
“こちらにはございませんが~招徳酒造さんでしょう、多分秋の水面は紅葉、11月はうさぎと思いますが~”「金魚じゃないのですか?」”はい、11月は兎かと”
「凄い、他の百貨店のこともご存知なのですね」”イエイエ”
「伊勢丹さんなら何でもあるかと思いまして」
“招徳酒造さんにお尋ねになりますか?”

続きは販促 押し付けでなく笑顔のお誘い!
“お時間ございましたら、間もなく奈良の美酒 テースティングが出来ますが?”
「あら嬉しい、では二人でお願いします」
“はい、今日は吉兆さんのお料理でございます”
尚有難い、7階の吉兆さんからお料理が供されるはず。
“どうぞ、私なら鯖の霙をお勧めしたいですね”
親切なお酒売り場の紳士はお勧めも抜群でした。

奈良の美酒 梅乃宿酒造 奈良県葛城市
たまたま連れが奈良の桜井出身、三輪そうめんの話、日本橋三越前に出来た奈良のまほろば館の話、唐招提寺のイベント、昴や、観光大使の堂本剛の噂まで、1杯の美酒でご機嫌です!~