399¥鶏弁

399¥鶏弁

399¥中華

399¥中華

399¥弁当お通り

399¥弁当お通り

 

 

 

 

 

 

11時半から販売開始と絶叫しています。
行列が少々出来ています。最後尾の看板が見えますが、そこはデパ地下の一番奥、松屋通りの
東側、通常はあまりお客が通らないところ、もっとも多いのはマスコミ関係さん、
カメラ機材を担いで、お弁当を写したり、お客にマイクを向けたり、
張り切っています。
肝心の情報は並んでいる人にも分からない?
『399¥のお弁当は何個あるのですか?』・・・さあ、少々お待ち下さい~それっきり
『幕の内もありますか? フライ物ですか?』
行列の人に整理券が配られました。・・・もう中華と鶏ですが、どちらにしますか、黄・青の券が渡されます。
『三個買えますか?』・・・買えますが券は1枚一個です・・・
『じゃあ、中華の券4枚下さい』・・・はい、『私も、鶏と中華を取り替えて』・・おしまい~

少々、情報不足では?
販売個数、種類 ? 90個とか、 行列の中から解説者が出ます。
男性が多いようです。
荷物が無いところを見ると近くの方でしょうか、中年以上、若い人は見当たりません。
行列なれしているのは女性組み、レジのところでインタビュされるから、ネ!
買う=整理券を出してお弁当を頂く(籠に入れたお弁当を持って半周り)レジカウンターへ、
同じ通路を上り下りで行き交います。
それなりに気を使った店員さんが”すみません、ロープからはみ出さないで下さい”~
500¥弁当のコーナーを取り巻くスタイルです。
美味しい物を超安値で売る場所はきれいな環境ではありません。
なんとレジのところで紙カップを。
“コーヒーをどうぞ”とてもそんなゆとりはありません。
まだカメラがお客を追いかけています。『生活応援フェア』の顔が欲しいのでしょうか?

399¥弁当 横浜中華街の名店(点心、ふかひれ、家庭料理)
        鶏陣(ミキフーズ 焼鳥の専門店、首都圏はじめ全国へ展開)
  ”ご馳走様でした””結構なお味でゴザイマシタ””量はタップリ、まあ、まあありました”
なぜデパートは399¥のお弁当を作って売るのでしょう?  生活応援ですか?