守谷のあんぱん

守谷のあんぱん

製パン

製パン

電柱の横から

電柱の横から

 

 

 

 

 

 

 小田原の駅前東通り すぐ『守谷のパン』前々から噂に聞いていた『行列がずーとできるパン』
近所の年金病院の課長さん、湯河原や、熱海、箱根に研修旅行のお土産は『月の兎』
断然人気は『守谷のあんぱん』

住所ははっきり知らないけど、小田原駅東口 東とおり すぐ、看板はあることは有るけど、
その看板は高すぎて目に付かない?
店の正面はショーケースかと思えるけど、取り敢えずの商品置き場かと
走るほどでもなく人が行く、おばさん、おじさん、デパ地下の行列より地味目で、話し声も甲高くない  何となく着いて行くとやはり『守谷のパン工房ショップらしい』

値段表が見える(最近値上げしたとか)
手書き 文字は小さい、上イギリスパン 350円  あんぱん 140円  甘食 100円・・・

前に習って買う!
『あんぱん=5×10 栗万10 』50個のあんぱんとは随分大胆な買い方
お隣も、『あんぱん10袋』その後も『クリーム8個 甘食10個以上』
まとめ買いスタイルのお客が多いので、行列は見た目よりは早い。
“何にしますか?”『はい、あんぱん4袋とクリーム2袋 それから栗万10個』
そんなに要らないのに雰囲気に釣られて言ってしまった。

店員さん、笑顔で”はい、栗は一つに”最小の言葉で迅速、
紙袋に入れてビニール袋に、提げて手渡しは丁寧、
接客は悪くない、あんぱんの熱がビニール袋を通して伝わる。
そうと覗いて見る、湯気で紙袋が湿っている-

欲を言えば、店頭、店内、スタッフの身だしなみも含めて、きれい!清潔!を徹底してくれると良いな、
『守谷のあんぱんは美味しい、分けるのが惜しいほど、しっとり、ほどが良い!』