その他

リゾット

リゾット

ベネチェアパスタ
ベネチェアパスタ

『食を知る旅』ドロミテ山中ドライブと、エーゲ海クルーズ
デパ地下、好感度研の師匠が5月末からウィーン経由、ベネチェアへ
現地の食材を、食の提供の技を、食仕方を お願いしました。
その断片を披露いたします。処変われば、ベネチェアのレモンリゾットと茸のパスタ

マッシュルーム入りのパスタはやや幅広のきしめん風 美味しい!
レモンリゾットはレモンの酸味が尖がって、酸っぱい、お腹に優しいリゾットがお腹が緊張

守谷のあんぱん

守谷のあんぱん

製パン

製パン

電柱の横から

電柱の横から

 

 

 

 

 

 

 小田原の駅前東通り すぐ『守谷のパン』前々から噂に聞いていた『行列がずーとできるパン』
近所の年金病院の課長さん、湯河原や、熱海、箱根に研修旅行のお土産は『月の兎』
断然人気は『守谷のあんぱん』

住所ははっきり知らないけど、小田原駅東口 東とおり すぐ、看板はあることは有るけど、
その看板は高すぎて目に付かない?
店の正面はショーケースかと思えるけど、取り敢えずの商品置き場かと
走るほどでもなく人が行く、おばさん、おじさん、デパ地下の行列より地味目で、話し声も甲高くない  何となく着いて行くとやはり『守谷のパン工房ショップらしい』

値段表が見える(最近値上げしたとか)
手書き 文字は小さい、上イギリスパン 350円  あんぱん 140円  甘食 100円・・・

前に習って買う!
『あんぱん=5×10 栗万10 』50個のあんぱんとは随分大胆な買い方
お隣も、『あんぱん10袋』その後も『クリーム8個 甘食10個以上』
まとめ買いスタイルのお客が多いので、行列は見た目よりは早い。
“何にしますか?”『はい、あんぱん4袋とクリーム2袋 それから栗万10個』
そんなに要らないのに雰囲気に釣られて言ってしまった。

店員さん、笑顔で”はい、栗は一つに”最小の言葉で迅速、
紙袋に入れてビニール袋に、提げて手渡しは丁寧、
接客は悪くない、あんぱんの熱がビニール袋を通して伝わる。
そうと覗いて見る、湯気で紙袋が湿っている-

欲を言えば、店頭、店内、スタッフの身だしなみも含めて、きれい!清潔!を徹底してくれると良いな、
『守谷のあんぱんは美味しい、分けるのが惜しいほど、しっとり、ほどが良い!』
 

9年前まで

9年前まで

ラッリックグラス

ラッリックグラス

ラリックの美術館へ

ラリックの美術館へ

 

 

 

 

 

 

 

『ル・トラン』特別展示
オリエント急行のサロンカーをヨーロッパから運び、車内は  ラリックが製作した150枚
以上ものガラスが織り成す空間芸術を体感しながらカフェを楽しむ-
芸術に相応しくないため口のスタッフ

一度に20名と言うわけでオリエント急行に乗車希望したお客がレストラン前に集まってくる。
レストランの責任者めいた制服(マロンカラーのエプロンきりっとまいて)
“え、え、え、”肱でつつきあって、”え~そんだから~”お客が見守る中で話は続く。
“椅子があるから、掛けても良いし、立ってるのも勝手 ”
“時間が来たらその時教えるから!”

禁止から始まる挨拶

“はじめにお断りしておきます! 良く聞いてください!”
1、 絶対に手で触らないで下さい!
2、 写真は禁止です!
3、 おしゃべりのボリュームは絶対に大きくならない様に!
4、 持ち込みのものを食べない!

ラリックのガラス彫刻を割ったら大変、葡萄を持つ女性のふくよかさは触りたくなるかも~
芸術品を守るための禁止はごもっとも-

でも最初に、”ようこそ、箱根ラリック美術館、『ル・トラン』へ。
歓迎の挨拶からはじめるべきでは無いかしら?
あるいはこちらが聞き漏らしたかも~

カステラ行列

カステラ行列

はなのかすてら

はなのかすてら

日本全国から 選りすぐりの逸品を 集めました。ニッポン-RE– STANDARD並ぶのは慣れているけど階段に並ぶのはいや!『Hana Sumpoo かすてら』

5時過ぎの東京駅丸の内口南
ちょうど良かった、お店の前には4,5人のお客様。
バインダーを抱えた女性が立っています(整理券のお渡し中)

『こちら、カステラですよね?』
“はい、そうです”目は遠くを見ている~ (財布を出して購入ポーズのお客を制して
“最後尾は下です”
『え? 最後尾?』
“階段下・・・”
指差す方向を見るとなるほど階段の方に並んでいるお客が見えます~
『階段の下ですか?!』
“階段の下の下・・・です”–階段下りて行ったらホームに着いちゃう?
“申し訳ありません””すみませんが””恐れ入りますが”怒りを中和させるクッション言葉なし。
階段下に並んだ結果”完売!””本日分は売り切れ”と言われたら?
情報提供が見当たりません~

JR東日本さん、(多分そうですよね)
半熟カステラの入手は諦め、–はれのひ 室町時代凹カステラにしよう–
お客が並ぶ努力を感謝して受け止めていますか?
東京駅中は迷路なり!    たいていの方が迷いながらたどり着きます!
きめ細かい心配りを逸品に添えてください!!

いぶりがっこ

いぶりがっこ

フジテレビアナ

フジテレビアナ

箱物が並ぶ

箱物が並ぶ

 

 

 

 

 

 

周辺の百貨店をご紹介
お向かいの東芝ビルはもともと阪急百貨店さんが入っていました~
魚久の旦那さんが店頭に立っていました。
阪急は名前の通り関西代表の百貨店ですから、宝塚の東京公演となれば、関西からファンが大勢
ご来店、帝国ホテル周辺も賑わいました。
そのころ、阪急は店員の制服をやめ、私服で接客をすることを始めました。
お客様以上にスマートでスタイリッシュな店員さんは雑誌の取材対象でした?
そのころ地下では一部、『デパ地下』的な食品を提供していました。

東芝ビルから移転 阪急と西武が朝日のビルに入りました。
上階は劇場とレストラン
若い女性用のファッション中心の百貨店が並んでいました。
地下は狭いながら、結構美味しいものがありましたが、間もなく、食は切り捨て、
いつの間にか、年配者はもちろんですが、若い人もあまり、入らない百貨店になりました~
今年いっぱいで有楽町西武は無くなると言う情報が飛び交っています。
デパ地下や地方物産展は続々催事場の定番です~  しかし、何時までも続くのでしょう~

駅中が紀伊国屋さんを吸収とか、
成城石井さんがJRに入るか、東武や小田急に入るか、百貨店の不況を伝えています~

フジテレビの人気を取り入れた銀座めざマルシェを見守ることに致しましょう。