丸広

メロン

メロン

新宿高野

新宿高野

私の大好きな新宿高野   新宿の本店フルーツパーラーが好き、誰か誘って
行きたくなります。地下のメロンカウンターは独りのときに気軽に行けます。

千葉そごう、国分寺丸井店、新宿高島屋、京急上大岡1Fフルーツの美味しさ+雰囲気!
デパ地下の仲間がメロンケーキを持って来ました。”そんな、気を使わなくて良いのに~”と言いながら箱からケーキを取り出しています。

メロンの匂いがぷんぷんします。マンゴウとメロンのケーキ–
西新宿メトロ食堂街で買ったそうです。やわらかい語調の接客が気に入って買ったとか、
4個入りの箱には6名用のスプーンが入っています。美味しいわね、7分掛からず完食–

旭山プリン

旭山プリン

好感度案内係り

好感度案内係り

蒸かし饅頭

蒸かし饅頭

翼の人気

翼の人気

老舗亀屋

老舗亀屋

5階の催事場『食の祭典』続き

5階 催場 『旭山プリン もぐもぐ』
『旭山動物園のプリンですか?』”はいそうです”『動物園がケーキを?』
“東門、もぐもぐテラスを–”『一位ですか、このプリンが?』”はい、これは三位だったのですが-最近一位になりました”表示を見せる・・・日本で一番のプリンらしい–
商品野種類が多く、特徴が様々、担当者が熱心で聞き入るお客が集まる、皆、旭山動物園の名前に惹かれて、日本3位、1位のプリンにびっくり(こんな話が聞けるから地方の催事は面白い)
話し方上手、丁寧な話力に拍手、買いたいけど買い損なったお客たち?
添加物なし 凝固財なし 手つくり

1階の正面に川越のお菓子が勢ぞろい
NHKドラマのつばさ 人気はいまだ強く多くのお客がお買い上げ、
名物お芋のケーキが並ぶ、年配の販売員さんはきりっとチーフで身だしなみを整えてキビキビ動きます。職人さんらしい男性も気さくに接客応対をしています。

『食の祭典』で北海道物を買いまして、荷物が増えました。B1 では5時の市が始まり、さらにビニール袋が・・・案内係りの方に紙袋を求めました。
“はいどうぞ、二重にしましょうか”『いいえ』”入れる順番はどう致しましょうか?”荷物を紙袋に入れ替えながら、にっこり、
“はい、お待たせ致しました、上からで失礼致します”受け取る手を確かめながら”どうぞ”
“有難うございます、お気をつけてお帰り下さいませ”背中に声をかけてくれました。
百貨店としては極めて当たり前の基本用語と動作、かつては、ケアトレーニングで繰り返しロープレをしたのでしょう・・・言葉と動作、心がぴったりフィットしていると気持ちが良いのです。

タラバのお兄さん

タラバのお兄さん

タラバのケース

タラバのケース

タラバ蟹

タラバ蟹

甘味座売り

甘味座売り

法被が似合う

法被が似合う

実演販売の魅力
タラバ蟹を茹でている男性は笑顔が最高! ガラス越しに、蟹を見せてくれる。
熱いでしょ、重いでしょ、それでも笑顔でお客に見せてくれる”子が沢山入っていますよ”
“このまま食べるのが一番美味いよ、安くしますよー”釣られて買いそうに、でも5階の催場に入ったばかりだし、いっぱい5000円くらいかな?珍しい座売りは甘味 しつらいが格別、旦那様風の方とスタッフのバランスの妙!
敬語の使い方が良いので釣られて丁寧語になります。

イートインは少し見えるから そそられる!
北海道はやはり海鮮丼の魅力
ラーメン人気は男女を問わず、焙煎ラーメンが人気とか-

秋田ギザミ

秋田ギザミ

信州小布施

信州小布施

静岡桜海老

静岡桜海老

村上鮭

村上鮭

丸広百貨店創立60周年記念
日本全国 うまいものめぐり
東京に一番近い城下町 それが川越、東京の忘れものが見つかります!
発展著しい埼玉県の地域に根ざして、日々新鮮を提供する丸広です。5階催場で開催のうまいもの展に駆けつけました。
通路が狭い、お客が賑やか、一番イキイキしているのは各売り場を担当する販売員さん!

声がしっかり出て、試食を進めます。お客ものりのり、お試しです。
“ほら、見てるより食べなければ”お客は『試食これだけ?』催促、”試食は無いけど、ちょっと待ってて”試食外の商品を持ってくる。その間にお客は増える。

伊勢丹の北海道展に比べると熱気が違います。
お客と販売員が仲良し、一体化して盛り上げています。

“美味しいでしょ!””こっちも食べてみて””グルメですね、食べっぷりが福相!”
満足の確認がうまい–
販売員さんがイキイキ活躍する雰囲気は丸広社員さん、幹部さんの力でしょうか!