デパ地下

 


金銭の授受用語

何時変わったのかしら?

伊勢丹新宿店

横浜そごう店

『1万円でよろしかったでしょうか?』

『1万円からお預かりですけど?』

あれ、何か引っかかる言い方です。お預かり金額は断定ではないの?

誘導されるお客の言葉は

はい、良かったです・・・?

いいえ、5千円のはずですけど!

細かいのを出した方がよろしかったですか?

 

あまりにも耳障りなので、文句を言ってしまった。

1万円お預かりします、では無いの?

すると即反撃がきた。

『いいえ、マニアルではお預かり金額を確認する、強調の言葉です!』

 

(消費税導入時に百貨店の思いやりが用語の変化として現れた?)

〈入金処理後にお客が小銭に不快感を持たれるので、前もって釣銭が細かくなっても良いか?〉

 

上司らしき方が引き取り、『マニアルはお客様のおっしゃる通りです。すいません』

ふ~ん、上司の後方に立っている店員さんはボールペンカチカチさせながら不機嫌。

 

ごめんなさい、

文句言うほど悪いわけじゃないけど、・・・言わなければ良かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

『高島屋新宿店 デパ地下 』 

 

『選び抜いた果物、最高の老舗  千疋屋総本店』

創業 天保5年(1834年)

 

 

気さくな店員さんの接客に感謝します。

バナナ買いました。完熟ジュ-ス飲みました!

 

『バナナ、りっぱでしょ!』店員さんの声、呼び止られました~

 

千疋屋さんはお高いでしょ?

『そうですね、高いですね、1本300円・・今日は、特別3本500円でございます!』

あら、そう、バナナ、特別美味しいでしょうね! 高いバナナも食べて見たいわね、

『どうぞ、ぜひ本物のミンダナオ島産 』

今すぐ食べころですか?

『いいえ、シュガ-ポットが出て来ましてから・・匂いがして来ましたら・・』

冷蔵庫はいつ頃入れるのかしら?

『冷蔵庫はいけません、バナナは冷蔵するものでは有りません!』

 

 

『お時間ありましたら、100%マンゴ-ジュ-スはいかがですか?』

マンゴ-?

『今なら800円で、宮崎産の最高級品種、完熟ですから、シロップなしです』

それなら、いただきます、100%ね

『1個8000円のマンゴ-ですから、・・・』

 

 

千疋屋のお会計   果物 840円  果物ギフト 525

ちょっと残念、椅子は満席、超高級果物の美味を味わう環境としては、言うほうがムリでしょう。

 

 

 

 

『EATALY』 イ-タリ-(トリノに本店を置くイタリア最大の食材を扱う)
京王百貨店 新宿店 地下

京王の『イ-タリ-』は試食が適切。

『どうぞ、今切ったばかりです、どうぞ!』

片手にお盆を持って、片手は爪楊枝にボンレスハムを刺して。

背が低い私にお盆を合わせて、とりやすくする・・・

通路で試食をしない主義だけど、感じが良ければ別、つい、食べてしまう。楊枝を捨てようとすると、ちょうど良い高さに捨てる容器を差し出す。タイミングの良いこと。

 

 

 

すっかりお気に入り!

半信半疑で買ったホッカチャが好評につき、職場で頼まれるほど。

ヴイアレッジ-ナ(赤パプリカ、黄パプリカ、ズッキ-ニ、ナス、ピ-マン、トマトP)

まさに夏野菜満載、新鮮な野菜の色鮮やか、食感もたしか、持つとずっしりの重量、

小麦の歯ごたえはさらにもっちりもっちり、タイムサービス 151円

 

京王百貨店のデパ地下、狭い、しかし買いやすい。

守谷のあんぱん

守谷のあんぱん

製パン

製パン

電柱の横から

電柱の横から

 

 

 

 

 

 

 小田原の駅前東通り すぐ『守谷のパン』前々から噂に聞いていた『行列がずーとできるパン』
近所の年金病院の課長さん、湯河原や、熱海、箱根に研修旅行のお土産は『月の兎』
断然人気は『守谷のあんぱん』

住所ははっきり知らないけど、小田原駅東口 東とおり すぐ、看板はあることは有るけど、
その看板は高すぎて目に付かない?
店の正面はショーケースかと思えるけど、取り敢えずの商品置き場かと
走るほどでもなく人が行く、おばさん、おじさん、デパ地下の行列より地味目で、話し声も甲高くない  何となく着いて行くとやはり『守谷のパン工房ショップらしい』

値段表が見える(最近値上げしたとか)
手書き 文字は小さい、上イギリスパン 350円  あんぱん 140円  甘食 100円・・・

前に習って買う!
『あんぱん=5×10 栗万10 』50個のあんぱんとは随分大胆な買い方
お隣も、『あんぱん10袋』その後も『クリーム8個 甘食10個以上』
まとめ買いスタイルのお客が多いので、行列は見た目よりは早い。
“何にしますか?”『はい、あんぱん4袋とクリーム2袋 それから栗万10個』
そんなに要らないのに雰囲気に釣られて言ってしまった。

店員さん、笑顔で”はい、栗は一つに”最小の言葉で迅速、
紙袋に入れてビニール袋に、提げて手渡しは丁寧、
接客は悪くない、あんぱんの熱がビニール袋を通して伝わる。
そうと覗いて見る、湯気で紙袋が湿っている-

欲を言えば、店頭、店内、スタッフの身だしなみも含めて、きれい!清潔!を徹底してくれると良いな、
『守谷のあんぱんは美味しい、分けるのが惜しいほど、しっとり、ほどが良い!』
 

あぶり餅

あぶり餅

京桜

京桜

錦市場

錦市場

今宮神社

今宮神社

飾りや

飾りや

今宮神社は大国主命、事大主命、櫛稲田姫命 三柱を祀る神社です。
手前の花もさくら    風流桜という名前です。今宮神社にある茶屋。
あぶり餅は、細い竹串の先に指先大の餅を付け、黄な粉をまぶしてから炭火であぶる。
それをさらに白味噌の甘だれに漬けてから出てきます。
一人前は8~10本くらい。
店なら一人前(500円)から食べられますが、持ち帰りは3人前からでした。
暖かいものも、冷たいものも美味しかったです。
かざりや  厄除けののれん
錦市場でランチ
市場をぶらぶらして見つけたオーガニック系カフェ『hare』 町屋らしい細い通路を入るつくり。
食べたのは湯葉丼セット(1800円)
おばんざいの小鉢が全部違っていました。
東山駅から平安神宮への途中、
祇園に続く水路際のさくら さくら!!

 (矢来のゆきね)